記事一覧

後援会役員会レポート (2)

後援会役員会レポート(2)
 
今年度第2回役員会が、9月6日午後7時から9時まで 東京中央教会ナザレ館で開催され (2)ました。6名の役員が出席しました。聖書学院長 錦織 寛先生は、修養生リトリート指導のため欠席されました。
おもな議題は、今年後半の後援会活動に関してと、後援会が行っている園芸奉仕についてでした。特に園芸奉仕については、高い木の枝の伐採でここ何回か奉仕者にけが人がでたことが話題になりました。奉仕者が比較的高齢であることと、高所作業車が手配できないために、次回からはこの作業は行わず業者に御願いするように聖書学院側に申し入れをすることに決定しました。
11月3日は学院デーです。今年も間室理事のご厚意で、当日 つもり献金 を持参していただいた方々に花木の苗を差し上げる予定です。1年間の皆様のお気持ちをぜひご持参いただき、後援会のコーナーにお立ち寄りください。

次回の役員会は、11月3日です。これからも随時役員会での話し合い事項の報告を掲載して行く予定です。(広報担当 若杉)

後援会役員会レポート

後援会役員会レポート
 
聖書学院後援会役員会は通常年5回行われます。2016年度第1回役員会が、6月7日午後7時から9時まで 東京中央教会ナザレ館で開催されました。出席者は,7名の役員全員と聖書学院長 錦織 寛先生の8名でした。
2016年2月2日に行われた評議委員会で承認いただいた2016年度の行事予定にそって、4-5月すでに行われた活動の報告および今後の活動予定について話し合いました。その際決定された事項の概要を報告します。
①平成28年度にはいってから現在までの活動報告
 ・4月5日 ボランティアの日の報告
 ・祈祷カードや後援会だよりの送付
②これからむこう3カ月の活動予定
 ・学院支援の日チラシ準備
 ・各地聖会での後援会アピール
 ・各個別教会へ出向いて、後援会のお礼及びアピールができないか
③教団の各種事業への協力
 ・学院卒業生ホームカミングデーへの協力ほか
④ボランティア関係
 ・来年度の開催時期の話し合い
 ・来年度は、間室兄が参加者を対象に園芸教室を随時開催する
などです。
次回の役員会は、9月6日です。これからも役員会での話し合い事項の報告を掲載して行く予定です。(広報担当 若杉)
ファイル 36-1.jpg

収穫は多いが働き人が少ない

 2009年度も多くの援助を東京聖書学院後援会に賜りありがとうございます。
 冒頭の御言葉は、主が私たち全員に投げかけている言葉です。学院はその主の召しに従った兄弟姉妹の学び舎であります。ですから、私たちが支える必要があるのです。
 学院援助1000万円以上、メンテナンス費100万円以上が必要なのです。
 そして、学院へ献身者を送り出す事も課せられているのではないでしょうか。引き続きお祈りと、ご援助をお願い申し上げます。

間室照雄
ファイル 9-1.jpg

2009年度 活動報告 (2010年2月1日)

1.後援会評議会を1回、役員会を4回行ないました。

  第5回目役員会は3月2日に予定しています。
 
 
2.学院だより(後援会ニュース合併)18号(6月)、19号(11月)を発行しました。

  20号は3月に発行します。また特別号として後援会ニュース夏号(9月)を発行しました。
 
 
3.会員増加のためのプログラム

  1) 学院だより、後援会ニュースを全国の教会に教会員数分配布しました。
  2) リバイバル、祈祷のしおりで会員募集の案内をしました。
  3) 他教団の卒業生に続けて学院だより、後援会ニュースを送付しました。
  4) 聖会に信徒役員が訪問し感謝とPRを行いました。8/13-14三河聖会(澤田兄)、5/11-12南西教区聖会(松島兄)
  5) 2月に新卒業生に会員へ加入していただけるよう昼食会で案内をします。
 
 
4.献金アップ、直接奉仕のためのプログラム

  1) 支援の日とクリスマスのチラシを製作し献金を募りました。
  2) 第12回ファミリー・ワーク・キャンプを2009.8.17,18(月、火)の2日間行ない枝降し、庭と花壇の手入れ、芝刈りをしました。延べ参加人数は81名でした。子どもプログラム「巣箱作り」参加は12名でした。
  3) 学院だより発行時に登録ボランテアの募集をしました。
  4) 5月と7月と10月にボランティアを募り聖書学院で草取りをしました。3月には卒業式前に花壇の手入をします。
  5) 学院デーで席上献金をしました。
  6) 3月に会費納入のお知らせ、また卒業式、年会での席上献金をします。
 
 
5.東京聖書学院及び後援会のPRプログラム

  1) 笑顔の集合写真でカレンダーを3500枚印刷し各教会に礼拝人数の5割を配布しました。
  2) 修養生特別援助(聖書学院が推薦する者)を24万円する予定です。
  3) 修養生18名に箱根聖会参加費の一部として18万円を援助しました。
  4) 放光第44号の製作費を援助し、1600部を作り全会員にプレゼント及び一部を販売しました。
  5) ホームページを更新しPRしました。
 
 
6.結実の報告

  2009年4月から12月までの新会員は51人でした。現在の会員数は一般会員1096人。日本ホーリネス教団の165教会と教職の先生方おおよそ321人は会員とし、全会員数は1582名です。
 
 
 
 
 
2009年度 会計報告

1. 東京聖書学院援助費1000万円のうち、すでに800万円を援助しました。またメンテナンス費として100万円を援助の予定です。
 
 
2. 学院だよりで献金者の御芳名と会計報告を載せ、感謝をあらわしました。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ