記事一覧

Board of Directors' Report

後援会役員会レポート
 
2019年度回目の役員会が6月10、東京中央教会ナザレ館で開催されました。出席は6人の役員、今年からアドバイザーとなった川崎教会・小林師および錦織学院長と学院主事の錦織充氏の計9名でした。なお今年から中央教会の竹内兄が新役員として後援会の働きに加わることになり、はじめての出席でした。
今回の議論の中心は、後援会・財政問題でした。これからお手元に届く学院だよりの記事をお読みいただきたいのですが、小林師が強調するように学院財政がピンチです。聖書学院の運営には年間4000万円近くの支出が必要です。その財源としておおむね教団支出金・後援会献金・学事収入で3分の一ずつを担っているのですが、後援会献金の収入は多くの方々の尊い献金に基盤をおいています。その基盤が先細り状態なのです。あわせて、ネヘミヤ計画に対して後援会が毎年130万円(10年合計で1900万円)の負担を担うこととなっており、今までの準備金の蓄えが底をついているのが現実です。
既に献金を献げていただいている方々に無理を強いることは出来ません。まだ後援会に入会していない方に、ぜひご協力いただきたいのです。後援会員の周囲の方々にぜひお声がけいただけないでしょうか。ご一報いただければ入会の資料を送付させていただきます。次の世代の牧師のためにも是非多くの方々からの支援をお願いします。

ファイル 89-1.jpg ファイル 89-2.jpg

 次に、当日監査をいただいた2018年度の決算資料を報告します。ここでもわかるように、献金収入が当初より200万円近く減っています。このことから、来年度はポスター印刷中止の議論も出てきました。これからの会で議論の予定です。

承認いただいた、2018年度 会計報告書
東京聖書学院後援会会計報告

(広報担当 若杉)

Board of Directors' Report

 
2018年度 第5回目の聖書学院後援会役員会が、3月13日東京聖書学院会議室で午後4時から開かれました。遠藤会長 大澤主事以下、合計9名の役員が出席しました。錦織学院長は所用で欠席しました。
ファイル 88-1.jpg

午前の園芸ボランティア終了後、年度末・年度初めの最大の学院行事である卒業式や入学式での後援会の奉仕について話し合い、また2018年度の3月初め時点での皆様の献金合計額やその支出についても話し合いました。前回報告のように収入予算額が達成できず、支出を削ることになりそうなこと、併せて来年度の予算も縮小せざるを得ないことも確認されました。
会員各位の後援会に寄せるあつい思いにこたえられず、関係各位にご迷惑をおかけすることになりますが、4月から後援会アドバイザーとして活動される小林師が、各地の教区会へでむいて現状をお伝えしようと予定を立てています。どうぞその際にはご協力お願い申し上げます。
なお、役員会終了後には今年本科および1年訓練コースを卒業する修養生10名と会食しました。その門出を祝うとともに、ぜひ卒業後は母校を応援する後援会員として力を貸してほしいと伝えると、みなさん協力の約束をいただけることになり午後7時半に会を終えました。
修養生のみなさんもいよいよ、3月20には卒業式です。それぞれ遣わされる地での活躍を期待しています。
ファイル 88-2.jpg ファイル 88-3.jpg

 (広報担当 若杉)

Gardening Volunteer Report

園芸ボランティア報告(2019.3.13)
2019年3月13日 聖書学院卒業式を1週間後にひかえた当日 後援会役員5名 近隣教会ボランティア9名 聖書学院修養生3名 合計17名で庭の整備に励みました。天候も恵まれ、花壇にもこれから花をつける苗を植えました。今回は掲載写真はありませんが、2019年度も随時園芸ボランティアを開催します。ふるってご参加ください。

Councilor Board's Report

評議員会報告
2019年2月4日 午後6時半から約2時間、東京中央教会ナザレ館で2018年度 東京聖書学院後援会評議員会がもたれ、29名の教団役員や評議員および役員が集い、2018年度の報告(途中経過)および2019年度の活動予定を話し合いました。
まず亀有福音キリスト教会 於保治樹牧師・奨励による礼拝からはじまり遠藤会長挨拶と続き、大澤克哉牧師司会によって議事の審議がなされました。
後援会各位の日頃のご加祷に感謝するとともに、その様子をお知らせします。審議はいささか厳しい内容でした。2018年度当初予算に対して残り2ヶ月といえ皆様の尊い献金による収入額の100%達成が危ぶまれ、支出を削らざるを得ないことを評議員の方々にご理解いただくことからはじまりました。そのために、2019年度の予算も縮小することになりました。その後、いかに後援会をアピールするかのご意見をいただき、聖書学院の運営を円滑に支えるべき後援会の使命を、さまざまなご意見を通じてご指導いただきました。
また、その際に承認いただいた2018年度の決算報告も掲載します。新年度もみなさまからの尊い献金が有効に用いられ、旧年度と同じように活動予定が執行されますようにお祈り下さい。
ファイル 86-1.jpg ファイル 86-2.jpg
於保師による奨励                       評議員の方々
ファイル 86-3.jpg
 最後に挨拶された学院長

承認いただいた、2017年度 会計報告書
東京聖書学院後援会会計報告

Board of Directors' Report

後援会役員会レポート 2019.1.15
 
2018年度4回目の聖書学院後援会役員会が、東京中央教会ナザレ館で午後7時から9時半まで開かれました。錦織学院長および教職2名 信徒6名の役員 それに聖書学院事務主事の錦織充兄の合計9名が集いました。2月4日の評議員会へむけて、来年度の活動計画・予算の審議が主なる議題でした。
長く後援会 教職役員として奉仕いただいた、川崎教会・小林重昭師も次年度からは役員を退任しアドバイザーとして後援会にかかわって頂くことになりましたが、東京国際キリスト教会・大澤克哉師の教会牧会のかたわら 当後援会におけるすばらしい働きもあり、遠藤会長以下 各役員共々次年度も奉仕に当たっていくことを確認しました。
今回の議題は前述した来年度の活動・予算の話し合いですが、園芸ボランティア・各種発行物(学院だより・放光・献金チラシほか)・カレンダー作成などは例年どおりですが、問題はみなさまからお預かりする献金の運用です。献身者の増加は神様の祝福として大いに感謝しますが、学院運営の後援を考えるといささか頭の痛くなる問題です。現在約1600名の後援会員から献げられる献金額では、2019年度の支出がいささか苦しいのです。後援会員の高齢化にともない、年々実績も低下しており教団・学院の必要を支えるだけの金額に達し得ないとの予測です。
そのためにも、皆様のさらなるご祈祷をお願い申し上げます。あわせて、未加入の方々にも是非後援会加入をおすすめください。次回のレポートは、評議委員会の様子をお伝えします。
ファイル 85-1.jpg ファイル 85-2.jpg
(広報担当 若杉)

ページ移動